2008年12月17日

基礎代謝とは

基礎代謝とは、

空腹で安静にしているときのエネルギー代謝です。まったく体を動かしていなくても、体温を保ち、呼吸をしたり、臓器を動かしたりするさまざまな生命活動のために常に使っているエネルギーことです。

人間が生きていくのに最低限必要な機能を維持するためのエネルギーのことです。

わたしも、歳をとるにつれて、食事量も同じなのに、また、ダイエットにはげんでいるのに、どんどん太ってしまいました。
基礎代謝は10代をピークに、年齢とともに少しずつ減り、40代を過ぎると急激に低下します。

年をとっても若い頃と同じような食事量をとっていると、急に太ってしまうことになり、中年以降は太りやすい体に変わっていくのです。あなたも、身に覚えがありませんか?

基礎代謝は季節によっても違います。食欲が落ち、飲みものとることが多くなってもそれほど体重は減りません。

一方、冬になり、食べる量が増えても、それほど太らないことがあります。これは、冬は気温が低いため、体温を維持しようして、基礎代謝が上がります。そのため消費するエネルギー量が上がります。

ただし、春や秋の寒暖差が激しいと、身体はそれに適応しようとします。身体のタイプによっても、基礎代謝の調節システムには個人差があります。

わたしの場合、体脂肪を減らそうとダイエットのために運動しますが、ほとんど変化ありません。どうも大したエネルギー消費にはならないようです。

むしろ、短時間で行う運動よりも、何もしていない時の方が、実はエネルギー消費が大きいのです。呼吸をし、心臓を動かし、体温を保つといった基礎代謝が、我々の体脂肪にもっと深く関係しているのです。

血の流れをよくしたり、しっかり呼吸をするなどの改善があれば、もっと消費は大きくなり、筋肉をつけることが拍車をかけるのです。有酸素運動と肉体改造で、気長に取り組んでいかなくてはなりません。

男女とも基礎代謝は10代をピークに、年齢とともに少しずつ減り、40代を過ぎると急激に低下します。基礎代謝の減少をくい止めるには、筋肉を衰えさせないように鍛えることが大切です。


ラベル:基礎代謝
posted by 太れない中年 at 20:04| Comment(0) | メタボリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。